• 学校案内
  • 学科紹介
  • 資格・就職支援
  • 入学案内
  • キャンパスライフ

学習プロセス

子どもたちの未来を育む6つのプロセス
児教育・保育の講義はもちろん、グループ校の「東海調理製菓専門学校」との提携で
「食や栄養」の授業も取り入れており、他にはないユニークな教育プロセスです。

こどもの食育

調理・小児栄養演習 グループ校の東海調理製菓専門学校の協力により、本格的な調理、子ども食の実習を行なうとともに小児栄養学も学びます。
学びのポイント

「食育」は、健全な幼児の育成に欠かすことのできない大切な要素です。食のプロと一体になって、食育の大切さと、具体的な調理法を身に付けます。

子どもの体と健康 乳・幼児期に起こりやすい事故の予防とその手当、かかりやすい病気と発熱・けいれんなどの症状に対する手当などの知識と技術を習得します。
学びのポイント

子どものからだの仕組みや、かかりやすい病気についての原因や対処法を学ぶことで、子どもの健やかな成長を促します。

医療

福祉

障害児保育 障害児保育に必要な「こころ」と「体」をケアする技術と知識を学びます。
学びのポイント

障害児のカラダのことや接し方、教育法などを学び、こどもの状況に合わせた成長を支える方法を身に付けます。

リズムあそび 初めてピアノに触れる学生にも丁寧に教えます。
学びのポイント

音楽をはじめとする情操教育は、子どもの感性を豊かにし、優しさや協調性を育みます。子どもと共に音楽を楽しみ心を豊かにする力を学びます。

ピアノリトミック

絵画製作

製作あそび 子どもへの絵画製作指導や保育室の装飾のための演習を行います。
学びのポイント

創造力を育て、手先の器用さを身に付けることは幼児教育にとって重要な意味を持ちます。具体的な製作実習を通じて、教え方を学びます。

運動あそび 保育の現場で使える運動遊びやレクリエーションを学びます。
学びのポイント

心身のバランスの取れた子どもの育成は、子どもの成長を促す上で大切なテーマです。様々な運動遊びを通じて、指導と補助のありかたを学びます。

幼児体育

ホーム > 学科紹介 > 学習プロセス